2015年05月06日

Surprise いい意味ばかりでないからね!

最近よく耳にするsurprise という言葉。英語では単純に「驚かされる」ということば。元は、物が主体となる言葉で、人が主語に来れば必ず受動態で表す。これは1978年〜1981年の高校時代に何度も習った。高校へ行けばかならずこのことばはでてくる。


ところが日本のバラエティ番組からこのことばが完全にj一人歩きしてしまった。日本語では「秘密の計画を実行して驚かせて人をよろこばせよう」という意味を日本語では現れしてるようだ。


しかし、英語を真面目に学習しようとする人は既に気づいているかもしれないが、こんな意味ばかりではない。

まさかこの意味しかないと思っているとすればそれはとんでもない間違えである。I was very surprised with his accident. 彼の事故にびっくりした。His death surprised me very much. 彼の死に私は驚いた。など。


ある辞書からの引用


surprise


音節sur・prise 発音記号/sɚprάɪz|sə‐/音声を聞く


【動詞】 【他動詞】
1 a 〈人を〉驚かす,びっくりさせる 《★また過去分詞で形容詞的に用いる; ⇒surprised; ★【類語】 surprise は予期しないことで,または不意を突いて相手を驚かす意で,最も一般的な語; astonish は surprise より意味が強く,信じられないようなことで人を驚かす; amaze は相手がおろおろしたり途方に暮れたりするくらいの驚きを与える; astound は人を仰天させるほど驚かす; startle は突然跳び上がらんばかりの驚きを与える》.
用例 His behavior surprised me. I disappointed it perfectly.彼の行動にはびっくりした.私は完全に失望した。
b 〔 目的語 前置詞 (代)名詞〕〔…で〕〈人を〉驚かす,びっくりさせる 〔by,with〕.
用例 Someday I'll surprise you by telling the truth. いつか本当の事を言ってあなたをびっくりさせるつもりだ.(子供がいるとか、オネイだったとか)

2 a 〈…を〉奇襲する,不意打ちする.
用例 Our fighters surprised the harbor at dawn. 当方の戦闘機が夜明けに港を奇襲した.

b [ 目的語 in (代)名詞〕〈…が〉〔…している最中を〕捕らえる,押さえる 《★【用法】 通例 in the act (of doing) の形で用いる》.
用例 The pickpocket was surprised in the act. そのすりは現行犯で逮捕された.

c 〔 目的語 doing〕〈…が〉〈…しているところを〉捕らえる,押さえる.
用例 The police surprised a man breaking into the bank. 警察は男が銀行に押し入るところを逮捕した.

3 〔 目的語 前置詞 (代)名詞〕 
a 〈人に〉不意に働きかけて[あわてさせて]〔…の状態・動作に〕移らせる 〔into〕.

用例 He surprised me into consenting. 彼にだしぬけにせきたてられて私は同意してしまった.
b 不意打ちを食わせて〔人から〕〈秘密などを〉聞き出す 〔from,out of〕.



【名詞】
1 【不可算名詞】 驚き,びっくり.

用例 Her eyes opened wide in surprise. 彼女の目は驚きで大きく見開かれた.

2 【可算名詞】 驚くべきこと[もの], 意外なこと[もの] 《事件・報道・贈り物など》.

用例 His failure was a great surprise to us. 彼が失敗したのには我々は大いに驚いた.

3 【不可算名詞】 不意打ち,奇襲.


上記を見ても普通の「驚く」以外に「現行犯逮捕する」「不意打ちする」などネガティブな用語の多いのが分かる。


和製訳語というのがそうである。別に間違えでいない。しかし、単語には複数の意味があることを日本のカタカナ英語は教えてくれない。このSurpriseもそうである。


フィリピン、インド、その他、英語を第二外国語でとらえている国は

ひとつの英単語は複数の意味があることは大体の人は知っているはずだ。


そう日本人が英語ができないのは 外来語をかっこいいとおもってカタカナ化をしてしまい

本来は複数意味のある英語を全く勉強しないまま見過ごしてしまうことである。

そして実践に英会話となった場合に日本人は自分の限定された英語の意味で認識してしまい

思わない誤解を招く。


だから和製英語は百害あって一利なしと言い切るくらいまで来ている。










posted by 木元 英二 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和製英語の注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来語についての注意

外来語についての注意

とにかく日本語にはたくさんのカタカナ外来語が氾濫している。これは実は英語学習者にとっても
百害あって一利なしという状況である。

日本人で外来語をやたらと使う人がたくさんいる。マスコミもそのようにある。かっこいい。流行り。別に使うこと自体、いいのであるが、あきれるのは誤用が多く元の意味をまったく知らない人が多い。もしくは履き違えていることだ。これは戦後65年ぜんぜん変わっていない。

例えばオリンピックのフィギュアスケートで言う
「イクシビション」 家内に元に意味を聞いたところ
「フィギュアスケートのショウ」と返答があった。
exhibitionとは本来は「公演」、「展示」という意味で
英語一般には「展示会」を指す。
これが動詞はexhititで「展示する」「公演する」などの意味である。
一体何人が本当の意味をしっているのであろう。
カタカナ英語はその意味をしらないまま流通する恐れがある。
プロ野球の「オープン戦」があるが完全な和製英語で
本当の英語でいうとexhibition gameと言う。
これでこのexhititionの意味が見えてくる。
公式ではなく展示である。

convenience
At your convenience, please contact us.
(あなたの都合のよい時にわれわれに連絡ください)
これを女子高生や女子大生に意味を問い合わせたところ、
コンビニがどうしたの。


バラエティを見てもそうである。
「ハイブリッド hybrid」の意味を問われたがどれだけの人間がはき違えているか。
回答は「環境」、「電気のクルマ」などである。
あきれる。 「雑種」、「混血」という意味で
クルマで使われているのは「ガソリンと電気の折衷型」という意味である。

カタカナ英語を使うのはかっこいいから使うのであるのだが
それはそれで構わないがせめて辞書で調べるということをなぜしない?

また、マスコミにも原因がある。
新聞の注釈やテロップにて元の意味と本来のつづりをしっかりと注釈で書くこと。
使う人は辞書などで調べること。


とにかくカタカナ英語は
@まず英語のスペルをチェックする。
A関連語をチェックする。
B本来の意味をしらべる。またどういう使い方をしているかを調査する。

これが最低外来語を使うマナーだと思う。







posted by 木元 英二 at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。