2015年06月07日

海外赴任を急に言われたら

製造業では最近、工場を持たずに外注化する動きがあります。特に海外の外注先にシフトする製造業が増えております。そこで幹部の方は急に海外出張を言われることがあります。

そう、急に英語を必要とすることが出てくるのです。

今まで日本語しか縁がなかった人に英語を使わざるを得ない状況がやってきます。
しかし、企業は「おまえ英語できて当たり前でないか」「お前は英語はできないが業務を知っているので十分である」など勝手な論理で英語研修費用を抑えいようとする企業も多いです。

そこでいいのが、オンライン英語です。
1 上達が早い
2 安い
3 いつでも、どこでも

どこかの牛丼屋のようなセリフですが、特にオンライン英語のよいところは3です。
3の続けやすい環境を提供できる。いつでもどこでもです。

企業の赴任は「インドへ赴任してくれ」って言われて恐らく1ヶ月も準備期間はないでしょう。
オンライン英語は途中で時間が無くなっても海外でも続けることが出来ます。
Skypeとパソコンがあれば。



posted by 木元 英二 at 23:04| Comment(0) | 製造業海外赴任 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。